top of page
  • btship

「口を大きく開ける」って?


皆様こんにちは!

ビッグタックシップの五味です😆




今日はレッスンでよく言われる

「口をもっと大きく開けて!!」という指摘


実際どれぐらい開けたら「大きく開けた口」になるんでしょうか?




私自身も最初よく分からず、とにかく大きく動かすんだ!と思ってました。


けど顎も痛くなるし、なんだか上手く喋れてない気がする…?

と悩んでいました…💦



そこで当時ボイトレの先生に教え貰ったのが、




「口腔内を開く」




口の周りの筋肉を大きく動かすのではなく、

上顎の奧、「軟口蓋」と呼ばれる部分をしっかり開けることでした。



大きくあくびした時、喉の奥の方までぐわっと広がる感じがしますよね?

あの辺りです!



じゃあそこを開けばいいんだ!

でもどうやって???





そんな時に使えるのがいつも手元にある

「ペットボトル」





しかも、ペットボトルのボトル部分ではなく

フタの部分です!

フタを軽くくわえながら、声を出してみましょう。

自然と口の奥の方が開きます!




そのままセリフや文章を読むことで、

口を大きく開く感覚を掴めるようになります。




ビフォーアフターで、自分の声を比べてみましょう✨

※ボイスレコーダーなどでチェックすると尚良し




とっても分かりやすく変化に気づけると思います!


是非試してみてください✌️

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page